米国で格付けが発達してきた経緯および現状について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数269
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    格付けは、1909年にムーディ社の創設者であったジョン・ムーディが鉄道債券を格付けしたのが最初である。
    格付けが信頼性を高め、市場に定着するようになったのは、1929年の大恐慌の時代からである。この時大きなデフォルト(債務不履行)が発生し証券市場は大混乱した。これは投資家が債券のリスクを集中して経験することになった。大恐慌の過程でのデフォルトの発生率と格付けを比べてみると、格付けが高い債券ほどデフォルトの発生が少なかった。逆にデフォルトになった債券は格付けが低い債券が多いことがわかったからである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    米国で格付けが発達してきた経緯および現状について
    格付けは、1909年にムーディ社の創設者であったジョン・ムーディが鉄道債券を格付けしたのが最初である。
    格付けが信頼性を高め、市場に定着するようになったのは、1929年の大恐慌の時代からである。この時大きなデフォルト(債務不履行)が発生し証券市場は大混乱した。これは投資家が債券のリスクを集中して経験することになった。大恐慌の過程でのデフォルトの発生率と格付けを比べてみると、格付けが高い債券ほどデフォルトの発生が少なかった。逆にデフォルトになった債券は格付けが低い債券が多いことがわかったからである。
    アメリカで大恐慌を契機に無担保債の比重が次第に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。