マス時代の組織のあり方

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数350
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    場のマネジメントには、ヒエラルキーパラダイムと場のパラダイムの二つのパラダイムがある。ヒエラルキー(Hierarchie)パラダイムは、組織を階層と考え、縦の命令系統を中心にした中央集権的にマネジメントを考えようとする考え方である。上司の意思決定で自分の仕事をし、そこで想定外の状況が起こると上司と相談した上で行動に移るという個人の意思決定をマネジメントすることである。これは、アメリカ的な組織のマネジメントであり、近代組織論のパラダイムでもあった。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    サービス経営レポート
    「マス時代の組織のあり方」
    マス時代の組織のあり方
    場のマネジメントには、ヒエラルキーパラダイムと場のパラダイムの二つのパラダイムがある。ヒエラルキー(Hierarchie)パラダイムは、組織を階層と考え、縦の命令系統を中心にした中央集権的にマネジメントを考えようとする考え方である。上司の意思決定で自分の仕事をし、そこで想定外の状況が起こると上司と相談した上で行動に移るという個人の意思決定をマネジメントすることである。これは、アメリカ的な組織のマネジメントであり、近代組織論のパラダイムでもあった。
    場のパラダイムでは、組織を情報的相互作用の束とする。情報的相互作用とは、人..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。