国際金融市場における円の役割について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数345
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    国際金融市場における円の役割とは、国際通貨としての円の役割を示すことである。それは世界の金融や経済における日本の位置付けになる。国際通貨は、価値や交換手段という通貨の機能、外国人が使用する通貨というように定義することができる。しかし、世界経済の中での日本経済の重要性に比べ、国際通貨としての円の使用比率は相対的に低い。そのため、これからの円がどのように国際化に向かっていくのか注目が集まっている。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    国際金融市場における円の役割について
    国際金融市場における円の役割とは、国際通貨としての円の役割を示すことである。それは世界の金融や経済における日本の位置付けになる。国際通貨は、価値や交換手段という通貨の機能、外国人が使用する通貨というように定義することができる。しかし、世界経済の中での日本経済の重要性に比べ、国際通貨としての円の使用比率は相対的に低い。そのため、これからの円がどのように国際化に向かっていくのか注目が集まっている。
    アジア通貨危機の経験やEU通貨統合、日本版ビックバンの発展などによる情報変化が、円の国際化の意義を高めているのは間違いない。
    アジア通貨危機は、決算通貨選択や資金調..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。