「十二番目の天使」について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数894
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    5. あらすじ
    ジョン・ハーディングは生まれ故郷に自らのサクセスとともに帰ってきた。学生時代から有名な野球選手で、ケガで大リーグは断念したが、巨大企業(ミレニアム・ユナイテッド社)の社長に就任するなど、充実した人生を送っていた。しかし、わずか2週間でその幸せは突然消える。最愛の妻サリーと息子リックが事故で死んでしまう。抜け殻になった彼は銃口を額に当てるが、突然、無二の親友ビルが訪ねてくる。親友に思い出の野球場に連れて行かれ、ジョンにリトルリーグチームの「エンジェルズ」の監督になってくれと頼む。ジョンが子供の頃に所属していたチーム名と同じ名を聞き、ジョンは前に進み始める。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    外国文学
    小説発表
    「十二番目の天使」
    「十二番目の天使」について
    タイトル
    十二番目の天使
    作者
    オグ・マンディーノ
    作品出版年
    初版 2004年4月16日
    他の作品
    「この世で一番の奇跡」
    「あなたに成功をもたらす人生の選択」
    あらすじ
    ジョン・ハーディングは生まれ故郷に自らのサクセスとともに帰ってきた。学生時代から有名な野球選手で、ケガで大リーグは断念したが、巨大企業(ミレニアム・ユナイテッド社)の社長に就任するなど、充実した人生を送っていた。しかし、わずか2週間でその幸せは突然消える。最愛の妻サリーと息子リックが事故で死んでしまう。抜け殻になった彼は銃口を額に当てるが、突然、無二の親友ビルが訪ねてくる。親友に思い出の野球場に連れて行かれ、ジョンにリトルリーグチームの「エンジェルズ」の監督になってくれと頼む。ジョンが子供の頃に所属していたチーム名と同じ名を聞き、ジョンは前に進み始める。
    ビルと別れた後、サリーとリックの思い出に浸りながら亡き母の言葉を思い出す。「もう泣かないで。涙はもういらないわ。あなたの愛する人が、今どこにいるのかを忘れないで。あの人は、自分のいる場所を、私たち..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。