ヘンリー・フォードについて

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数1,043
ダウンロード数15
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    自動車王のヘンリー・フォードを“矛盾に目をつむったパイオニア”という観点で考察する。問題の所在は富と名声を収めたフォードが、なぜ移民とユダヤ人を攻撃し続けたのか。機械化を作り出した人物が、「私は田舎が好きだ」と言ったり、樹木を愛した人物が、「木は自然のものより人工のものがいい」と言う等の矛盾について考えてみた。フォードについての本を読んだところ、彼の“矛盾”は生い立ちから現れたものだと推測できる。つまり、フォードの生い立ちと成功を見ることで、彼が矛盾から目を背けたことがわかるのである。
    1863年、アメリカ・ミシガン州ディアボーンの裕福な農場主の息子として生まれた彼は、幼い頃から学校での勉強にはなじめず、機械部品類を集めることが好きで、暇があれば時計などを器用に修理してみせていた。そんな彼も当時のアメリカ合衆国の人口の三倍以上のおよそ1億2200万部を売り上げたマックガフィー国語教科書で育てられた。幼少時代に清潔な生活という単純で頑固一徹な精神と自由、公正、勤勉、正直という道徳性を身につけ、これが愛国心につながっている。機械工になると、その腕を活かしてエジソン照明会社に就職し、まもなく主任技師に昇進。まじめに仕事をこなす一方、勤務時間が終わっても実験室に残り、個人的にガソリン・エンジン搭載車を開発した。1896年8月のある日、会社の夕食会で「ガソリンで走る車をつくった男です」とエジソンに合わされたフォードは、自作のエンジンのしくみを説明した。エジソンはこれに感動し、「君のつくっているエンジンの将来性は非常に高い。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    外国史
    中間レポート
    「ヘンリー・フォードについて」
    自動車王のヘンリー・フォードを“矛盾に目をつむったパイオニア”という観点で考察する。問題の所在は富と名声を収めたフォードが、なぜ移民とユダヤ人を攻撃し続けたのか。機械化を作り出した人物が、「私は田舎が好きだ」と言ったり、樹木を愛した人物が、「木は自然のものより人工のものがいい」と言う等の矛盾について考えてみた。フォードについての本を読んだところ、彼の“矛盾”は生い立ちから現れたものだと推測できる。つまり、フォードの生い立ちと成功を見ることで、彼が矛盾から目を背けたことがわかるのである。
    1863年、アメリカ・ミシガン州ディアボーンの裕福な農場主の息子として生まれた彼は、幼い頃から学校での勉強にはなじめず、機械部品類を集めることが好きで、暇があれば時計などを器用に修理してみせていた。そんな彼も当時のアメリカ合衆国の人口の三倍以上のおよそ1億2200万部を売り上げたマックガフィー国語教科書で育てられた。幼少時代に清潔な生活という単純で頑固一徹な精神と自由、公正、勤勉、正直という道徳性を身につけ、これが愛国心につながっている。機械工になる..

    コメント2件

    natsuko511 購入
    ヘンリー・フォードの人生においての失敗・成功が理解できた。
    また、レポートの作り方においても参考なった。
    2006/07/09 16:18 (10年5ヶ月前)

    honeyclover 購入
    かなり参考になりました。
    2006/09/20 3:04 (10年2ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。