メインバンク制度の具体的な内容とその功罪について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数466
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    日本の企業金融は間接金融中心であり、これを支えてきたのは銀行の株式保有とメインバンク制度である。一般的なメインバンクとしては、次のような内容を含む銀行を挙げることができる。
    一つ目は企業と長期的取引関係にある銀行である。大手企業の場合、一行とは限らず、複数の銀行と取引していているが、長期的な関係の中には、資金繰りの助けや社長と銀行幹部が友人関係にあったなど信頼関係から来るものも多い。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    メインバンク制度の具体的な内容とその功罪について
    日本の企業金融は間接金融中心であり、これを支えてきたのは銀行の株式保有とメインバンク制度である。一般的なメインバンクとしては、次のような内容を含む銀行を挙げることができる。
    一つ目は企業と長期的取引関係にある銀行である。大手企業の場合、一行とは限らず、複数の銀行と取引していているが、長期的な関係の中には、資金繰りの助けや社長と銀行幹部が友人関係にあったなど信頼関係から来るものも多い。
    二つ目は企業との総合的取引のある銀行である。貸出、預金、為替業務や年金、財形取引などのあらゆる銀行取引をしている金庫番の役割にある銀行である。
    三つ目に融資トップ..

    コメント1件

    hattotorikku 購入
    参考になりました。
    2006/07/18 19:46 (10年4ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。