直接金融と間接金融の違いについて

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数6,767
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    直接金融とは、資金が最終的な貸し手(お金を貸したい人)から最終的な借り手(お金を借りたい人)へと直接的に流れることで、第三者が存在しない取引のことである。直接金融の代表例が証券取引である。
    直接金融では、基本的に証券会社が最終的な貸し手と最終的な借り手の間に入って本源的証券の取引を仲介する。この時、証券会社はあくまで資金取引の間の役割であるため、資産を転換してはいけない。本源的証券としては、国の国債、地方債、政府保証債や企業の社債、借入証書、株式が挙げられる。
     間接金融とは、資金の最終的な借り手(お金を借りたい人)と最終的な貸し手(お金を貸したい人)との間に第三者(金融仲介機関)が存在する取引のことである。間接金融の代表例が銀行取引である。
     金融仲介機関の発行する金融負債は間接的証券と呼ばれ、主に銀行の発行する預金証書、金融債、信託証書や保険会社の発行する保険証書が挙げられる。金融仲介機関は、本源的証券を間接的証券に転換する資産転換機能を果たすことにより、最終的な貸し手から最終的な借り手への資金の流れを仲介する。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    直接金融と間接金融の違いについて具体的に説明せよ
    直接金融とは、資金が最終的な貸し手(お金を貸したい人)から最終的な借り手(お金を借りたい人)へと直接的に流れることで、第三者が存在しない取引のことである。直接金融の代表例が証券取引である。
    直接金融では、基本的に証券会社が最終的な貸し手と最終的な借り手の間に入って本源的証券の取引を仲介する。この時、証券会社はあくまで資金取引の間の役割であるため、資産を転換してはいけない。本源的証券としては、国の国債、地方債、政府保証債や企業の社債、借入証書、株式が挙げられる。
     間接金融とは、資金の最終的な借り手(お金を借りたい人)と最終的な貸し手(お金を貸し..

    コメント1件

    shun7666 購入
    読みやすい
    2007/02/02 15:39 (9年10ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。