『道徳的人間と非道徳的社会』とニーバーの解決策に対しての意見

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数488
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    個人的人間は、行動の問題を決定する際、自分のことだけでなく、他者のことも考慮することが出来るし、ある場合は自分よりも他者が有利になるように選択することもある。これが、道徳的人間である。
    逆に、個人としては容易にできる道徳的行動も人間社会、また社会諸集団にとっては、不可能でないにしても、極めて困難である。それは、社会の結合力をなす自然的衝動に匹敵する強力な理性的・社会的力を造る難しさと、社会的・集団的エゴイズムは個人的エゴイズムの衝動の結果であるが、

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『道徳的人間と非道徳的社会』とニーバーの解決策に対しての意見
    個人的人間は、行動の問題を決定する際、自分のことだけでなく、他者のことも考慮することが出来るし、ある場合は自分よりも他者が有利になるように選択することもある。これが、道徳的人間である。
    逆に、個人としては容易にできる道徳的行動も人間社会、また社会諸集団にとっては、不可能でないにしても、極めて困難である。それは、社会の結合力をなす自然的衝動に匹敵する強力な理性的・社会的力を造る難しさと、社会的・集団的エゴイズムは個人的エゴイズムの衝動の結果であるが、社会で纏まるとより、露骨に現れやすい点にある。これが、非道徳的社会である。
    ニーバーは..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。