日本最大のレポートサイト HAPPYCAMPUS

検索オプション
  • 私のホーム
  • 私の資料
  • 管理ツール
  • 資料広場
  • アップロード

ソーシャル・ダーウィニズムの説明

540 販売中
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数1,954
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ソーシャル・ダーウィニズムとは、ダーウィンの『進化論』の人間は下等なものから環境に適したものに進化して生き残ったという考え方をそのまま社会に移行し、社会進化論として強いものが生き残るという考え方である。
    19世紀後半のアメリカ社会では、ソーシャル・ダーウィニズムの考えが広まっていた。これは、国土を占領して広げて行った強者のアメリカにとっては受け入れやすい考え方であった。この考えに従えば、政府が弱者である貧困者や黒人を救済することは、

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ソーシャル・ダーウィニズムの説明
    ソーシャル・ダーウィニズムとは、ダーウィンの『進化論』の人間は下等なものから環境に適したものに進化して生き残ったという考え方をそのまま社会に移行し、社会進化論として強いものが生き残るという考え方である。
    19世紀後半のアメリカ社会では、ソーシャル・ダーウィニズムの考えが広まっていた。これは、国土を占領して広げて行った強者のアメリカにとっては受け入れやすい考え方であった。この考えに従えば、政府が弱者である貧困者や黒人を救済することは、無能なものに不当な利益を与えることになり、社会の進歩を遅らせることになるので、政府は何もしないことが良いという考えである。そのため..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。
    広告