グローバル・ランゲージについて

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数1,659
ダウンロード数25
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    英語は今や世界の共通語の地位を確立している。グローバル・ランゲージと呼ばれるのもそのためである。しかし、英語を第一言語としている人の数は3億4千万人程度にすぎず、言語人口第1位の中国語の約13億人には遠く及ばない。しかし英米による世界秩序の構築により、英語が最有力の言語となり、第二言語として用いる人口は約6億人に上る。外国語として英語を学習、使用する人も多い。そのため、世界各国で英語・米語など本来の英語の枠組みを超えた「新英語」が出現するようになった。
    グローバル・ランゲージ=「世界規模の言葉」は現在では世界共通語の英語が当てはまる。しかし、本当の定義と特徴は、他民族同士が相手を理解し、共通の新たな言語を使うことにある。それが今では英語であるというだけでグローバル・ランゲージの基本的なところは相互理解から共通の言語を使うということである。
    日産のゴーン氏がしたようにフランス語のフランス人と日本語の日本人が母国語とは違う英語を使用し、またお互いの特徴を理解した上で、コミュニケーションをとることがグローバル・ランゲージを使用する基本となるのである。
    特徴としては、英語に似たような言語はあるが、アルファベットは21文字から構成され、比較的簡単な部類の言語に入る。文法の特徴は3人称単数にsを付けるなどのものがある。
    このようにグローバル・ランゲージは、英米による世界秩序の構築により、英語ということになり、グローバル・スタンダードという考えからも英語人口はこれからも増加する。この英語の地位は、

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    コミュニケーション論入門
    「グローバル・ランゲージについて」
    英語はなぜグローバル・ランゲージと呼ばれているか。定義と特徴はどうか。
    英語は今や世界の共通語の地位を確立している。グローバル・ランゲージと呼ばれるのもそのためである。しかし、英語を第一言語としている人の数は3億4千万人程度にすぎず、言語人口第1位の 中国語 の約13億人には遠く及ばない。しかし英米による世界秩序の構築により、英語が最有力の 言語 となり、第二言語として用いる人口は約6億人に上る。 外国語 として英語を学習、使用する人も多い。そのため、世界各国で英語・米語など本来の英語の枠組みを超えた「新英語」が出現するようになった。
    グローバル・ランゲージ=「世界規模の言葉」は現在では世界共通語の英語が当てはまる。しかし、本当の定義と特徴は、他民族同士が相手を理解し、共通の新たな言語を使うことにある。それが今では英語であるというだけでグローバル・ランゲージの基本的なところは相互理解から共通の言語を使うということである。
    日産のゴーン氏がしたようにフランス語のフランス人と日本語の日本人が母国語とは違う英語を使用し、またお互い..

    コメント3件

    richechon 購入
    とても、参考になりました。
    2006/09/15 21:29 (10年3ヶ月前)

    ぴっぴ 購入
    参考になりました。
    2007/01/25 23:13 (9年10ヶ月前)

    g5121213 購入
    よかった
    2007/06/22 23:37 (9年5ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。