生命保険会社の機能・役割について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数652
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    生命保険会社の事業内容は、多くの契約者から保険料を集め、その保険契約事故に対して保険金を支払うことである。一般的には長期の保険を取り扱っていて、将来のために保険料を集めている。そのために保険料を集めた時期と実際に保険金を支払う時期との間にはズレが生じる。その間に保険料を貸し付けや有価証券に運用する。こうした資金の運用が銀行の預金取扱金融機関に匹敵するため、金融仲介機能といえる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    生命保険会社の機能・役割について具体的に述べよ
    生命保険会社の事業内容は、多くの契約者から保険料を集め、その保険契約事故に対して保険金を支払うことである。一般的には長期の保険を取り扱っていて、将来のために保険料を集めている。そのために保険料を集めた時期と実際に保険金を支払う時期との間にはズレが生じる。その間に保険料を貸し付けや有価証券に運用する。こうした資金の運用が銀行の預金取扱金融機関に匹敵するため、金融仲介機能といえる。
     今の生命保険会社は、社数46社、資本金1兆4754億円、保有契約高1860兆円、総資産190兆円(2000年3月末)に達している。生命保険会社全体の収入は1999年度の..

    コメント3件

    toproad 購入
    参考になりました
    2006/08/06 14:28 (10年4ヶ月前)

    yuta581117 購入
    参考になりました。
    2006/09/28 19:16 (10年2ヶ月前)

    gbmai2000 購入
    参考になりました☆
    2007/01/31 14:20 (9年10ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。