金融ビッグバンとはどういう概念か

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数438
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ビッグバンはもともと宇宙誕生時に起こったと言われる大爆発のことであるが、1980年代の英国のサッチャー政権下で実施された証券市場大改革を後にビッグバンと呼ぶようになった。革命的な金融改革のことを一般にビッグバンと呼ぶ。
    金融ビッグバンとは、日本の金融市場をFREE(市場原理に基づく自由)・FAIR(透明で公正)・GLOBAL(国際的で先端的)金融市場に変えていこうという制度改正である。これにより、グローバル・スタンダードな金融市場を日本に構築し、海外投資家の支持をえられるようにしようとしたのである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    金融論レポート
    2006年4月19日
    金融ビッグバンとはどういう概念か
    ビッグバンはもともと宇宙誕生時に起こったと言われる大爆発のことであるが、1980年代の英国のサッチャー政権下で実施された証券市場大改革を後にビッグバンと呼ぶようになった。革命的な金融改革のことを一般にビッグバンと呼ぶ。
    金融ビッグバンとは、日本の金融市場をFREE(市場原理に基づく自由)・FAIR(透明で公正)・GLOBAL(国際的で先端的)金融市場に変えていこうという制度改正である。これにより、グローバル・スタンダードな金融市場を日本に構築し、海外投資家の支持をえられるようにしようとしたのである。
    具体的な改革は、97年..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。