地域研究入門レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数464
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1.マイク・マサオカの立場と役割
    1941年12月7日、日本軍がハワイの真珠湾を奇襲すると、アメリカはすぐに日系アメリカ人が国防に危険をもたらすのではないかと疑いました。実際には、日系アメリカ人は真珠湾攻撃にまったく関係しておらず、スパイ行為や軍事、生産への妨害行為などを理由に強制収容されました。しかし、当時も今も、その証拠はまったく発見されなかったのです。強制収容された日系アメリカ人たちは、その7割がアメリカ生まれの二世で市民権を持っていましたし、のこりの3割の一世たちも、市民権を取ることは禁じられていましたが、すでに永住権をもち、20年から40年もアメリカで暮らしていた人たちでした。また、アメリカはドイツ、イタリアとも戦争していたが、ドイツ人、イタリア人の集団強制収容はありませんでした。日系アメリカ人は、アジア人というだけで人種差別を受けていたのである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    地域研究入門レポート
    はじめに
    強制収容されながらもアメリカ人として戦った日系人と強制収容を拒否した日系人の関係についてどちらの立場を支持するか。
    マイク・マサオカの立場と役割
    1941年12月7日、日本軍がハワイの真珠湾を奇襲すると、アメリカはすぐに日系アメリカ人が国防に危険をもたらすのではないかと疑いました。実際には、日系アメリカ人は真珠湾攻撃にまったく関係しておらず、スパイ行為や軍事、生産への妨害行為などを理由に強制収容されました。しかし、当時も今も、その証拠はまったく発見されなかったのです。強制収容された日系アメリカ人たちは、その7割がアメリカ生まれの二世で市民権を持っていましたし、のこりの3割の一世たちも、市民権を取ることは禁じられていましたが、すでに永住権をもち、20年から40年もアメリカで暮らしていた人たちでした。また、アメリカはドイツ、イタリアとも戦争していたが、ドイツ人、イタリア人の集団強制収容はありませんでした。日系アメリカ人は、アジア人というだけで人種差別を受けていたのである。
    そこで、JACLの指導者でもあったマイク・マサオカは兵役に参加することで正常な生活に戻..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。