折戸晴雄先生の講話について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数550
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    旅行業界は当時まだ小さく、1964年の海外旅行者は13万人で大卒のサラリーマンの給与が2万の時代だった。当時の問題点としては、お金や言葉によるものだった。現在は旅費も安くなり、インターネットの普及によるビジネスモデルの変化が起こっている。日本人の旅行先の1位は中国、2位は韓国、3位ハワイとなっている。中国は仕事、韓国には観光と目的は違っているが、アジアが上位にある。アジア中心のプランが主流になる一方で、反日デモやインフルエンザ、テロや津波など政治的問題や自然災害などの影響が過敏になっている。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ビジネスリーダーシップ2
    折戸晴雄先生の講話について
    要約
     旅行業界は当時まだ小さく、1964年の海外旅行者は13万人で大卒のサラリーマンの給与が2万の時代だった。当時の問題点としては、お金や言葉によるものだった。現在は旅費も安くなり、インターネットの普及によるビジネスモデルの変化が起こっている。日本人の旅行先の1位は中国、2位は韓国、3位ハワイとなっている。中国は仕事、韓国には観光と目的は違っているが、アジアが上位にある。アジア中心のプランが主流になる一方で、反日デモやインフルエンザ、テロや津波など政治的問題や自然災害などの影響が過敏になっている。そのためこういったリスクに対処するプランや..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。