私と宗教

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数1,521
ダウンロード数16
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    はじめに
     日本では一般的にあまり信仰されてない宗教。しかし、儀式や行事などでは宗教が所々反映されている。日本では、なぜ宗教が中途半端なものになったのか。「私と宗教」について考えてみた。
    1.宗教とは何か
     宗教とは、神または何らかの超越的絶対者、あるいは卑俗なものから分離され禁忌された神聖なものに関する信仰・行事。また、それらの連関的体系。帰依者は精神的共同体社会(教団)を営む。アニミズム・自然崇拝・トーテミズムなどの原始宗教、特定の民族が信仰する民族宗教、世界的宗教すなわち仏教・キリスト教・イスラム教など、多種多様。多くは教祖・経典・教義・典礼などを何らかの形を持つ。
    宗教とは、人を幸福にするものであり、人を救うものである。
    2.私の考える宗教とは
     人は一人では生きていけない。だから、自分が身をおくことのできる何かしらのグループが必要なのである。そのために、誰もがかなわない絶対的な存在「神」を信じることで連帯関係を作り、意思の疎通を図るというのが私の考える宗教である。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    私と宗教
    はじめに
    日本では一般的にあまり信仰されてない宗教。しかし、儀式や行事などでは宗教が所々反映されている。日本では、なぜ宗教が中途半端なものになったのか。「私と宗教」について考えてみた。
    1.宗教とは何か
    宗教とは、神または何らかの超越的絶対者、あるいは卑俗なものから分離され禁忌された神聖なものに関する信仰・行事。また、それらの連関的体系。帰依者は精神的共同体社会(教団)を営む。アニミズム・自然崇拝・トーテミズムなどの原始宗教、特定の民族が信仰する民族宗教、世界的宗教すなわち仏教・キリスト教・イスラム教など、多種多様。多くは教祖・経典・教義・典礼などを何らかの形を持つ。
    宗教とは、人を..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。