フィットネス業界について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数1,157
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ・はじめに
    フィットネス産業を選んだ理由としては、グループ全員運動が好きであったこと。私自身もメガロス(フィットネスクラブ)に通っていることで身近に感じため選んだ。
    ・主要製品
    健康維持のための運動を効率よく行える空間を提供するサービス。サービス内容としては、スタジオ(ダンス、エアロビクス)マシンジム(筋トレ)プール (水泳)球技・対戦型(ゴルフ、スカッシュ、フットサル)がある。またメガロスでは、ホノルルマラソン参加や「都内を歩こう!」というイベントやクリスマスパーティーのようなジム外でのコミュニケーションの場を提供するサービスを行っているクラブもある。
    ・歴史
    1965年に民間スイミングクラブとして登場し、1987~90年には年間200店以上が開業するほどのラッシュ期を迎える。1990年代に入るとステップエクササイズなどの色々なプログラムが導入されるが、赤字クラブ続出や新規オープン激減などの停滞期を迎える。その後、営業時間の延長やフィットネスのイメージ転換などにより、フィットネスクラブ経営企画二極化で発展した。2000年以降は大手3社 (セントラル・コナミ・ルネサンス)による買収・合併が続き、大型化と女性限定やコンビニ型による店舗展開の二極化が始まっている。
    ・市場規模
    市場規模は、売上高3259億、就業者数60174人、事業所数1708事業所(2002年)で今後も市場規模は伸びていく。大きな要因は高齢化社会や団塊の世代の退職があげられる。
    ・高齢化社会による影響
    高齢化社会による影響としては、2003年フィットネス業界の転換期であり、景気回復や03年4月サラリーマンの医療費自己負担率が3割になったことによる健康ブームがある。またフィトネスクラブ自体も筋力アップから健康維持目的のトレーニングへ変わり、『治療の時代から予防の時代』に考えをシフトチェンジした社会全体の流れから50歳以上の会員増加という利益につながっている。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    日本産業論レポート
    「フィットネス業界について」
    はじめに
    フィットネス産業を選んだ理由としては、グループ全員運動が好きであったこと。私自身もメガロス(フィットネスクラブ)に通っていることで身近に感じため選んだ。
    主要製品
    健康維持のための運動を効率よく行える空間を提供するサービス。サービス内容としては、スタジオ(ダンス、エアロビクス)マシンジム(筋トレ)プール (水泳)球技・対戦型(ゴルフ、スカッシュ、フットサル)がある。またメガロスでは、ホノルルマラソン参加や「都内を歩こう!」というイベントやクリスマスパーティーのようなジム外でのコミュニケーションの場を提供するサービスを行っているクラブもある。
    歴史
    1965年に民間スイミングクラブとして登場し、1987~90年には年間200店以上が開業するほどのラッシュ期を迎える。1990年代に入るとステップエクササイズなどの色々なプログラムが導入されるが、赤字クラブ続出や新規オープン激減などの停滞期を迎える。その後、営業時間の延長やフィットネスのイメージ転換などにより、フィットネスクラブ経営企画二極化で発展した。2000年以降は大手3社 (セ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。