衝動買いと自己抑制

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,035
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    はじめに
    衝動買いについて、私は自分がこれは「衝動買い」と自らが行っていることを主に例に挙げ、衝動買いとは何か、衝動買いのメカニズムについて考えたい。
    1.衝動買いの定義
    過去50年間で衝動買いの調査の焦点は大きく変化してきた。所期の衝動買いについての調査は「衝動買い」と「非計画購買」は同義語として用いられていたが、入店前には購入の意思を持たない消費者が店内で購買意思を持ち、商品を購入することが衝動買いであると定義されてきた。そのため、衝動買いの可能性を高めるための店舗環境作り(商品の配置・ディスプレイ等)に焦点を当てていた。
    その後、商品自体が衝動買いを引き起こす要因であるという考えを経て、関心は消費者自身に向けられることになった。最近の見方としては『衝動的な消費の経験は、製品によるものではなく、個人によるものである』(Rook and Hoch)である。そして、消費者ガ突然強力な衝動を体験し、その場で購入することを衝動買いであると定義されている。最近では、自己抑制(自制心)が衝動買いに関係あるとする意見もあり、人間の衝動性と自己抑制の基に衝動買いが調査されている。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    衝動買いと自己抑制
    はじめに
    衝動買いについて、私は自分がこれは「衝動買い」と自らが行っていることを主に例に挙げ、衝動買いとは何か、衝動買いのメカニズムについて考えたい。
    衝動買いの定義
    過去50年間で衝動買いの調査の焦点は大きく変化してきた。所期の衝動買いについての調査は「衝動買い」と「非計画購買」は同義語として用いられていたが、入店前には購入の意思を持たない消費者が店内で購買意思を持ち、商品を購入することが衝動買いであると定義されてきた。そのため、衝動買いの可能性を高めるための店舗環境作り(商品の配置・ディスプレイ等)に焦点を当てていた。
    その後、商品自体が衝動買いを引き起こす要因であると..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。