国際政治とリスクマネジメント

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数282
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    グローバル企業は、国境を越えてビジネス活動を行う。一方、国境による制約による国民経済や地域経済の強化、さらに国家利益の確保や地域協力を強化する傾向を生み出されている(ローカル化現象)。これにより、「グローバルに物事を考え、行動はローカルに」という「グローカリゼーション」の考え方が重要になっている。かつての狭い範囲の国家や民族の考えや個人利益の追求よりも、地球レベルで考え、個人と同時に地球レベルでの利益を重視する。そこで問題となるのが、地球益・国益・個人益である。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    国際政治とリスクマネジメント
    グローバル企業は、国境を越えてビジネス活動を行う。一方、国境による制約による国民経済や地域経済の強化、さらに国家利益の確保や地域協力を強化する傾向を生み出されている(ローカル化現象)。これにより、「グローバルに物事を考え、行動はローカルに」という「グローカリゼーション」の考え方が重要になっている。かつての狭い範囲の国家や民族の考えや個人利益の追求よりも、地球レベルで考え、個人と同時に地球レベルでの利益を重視する。そこで問題となるのが、地球益・国益・個人益である。国家を優先してむやみに資源を消費することは環境破壊につながり、人々が損失を被る。グローバル化とローカル化..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。