企業と玉川大学の社会的貢献について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数231
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    今日の企業経営では、企業としては利益が上がればいいが、利益の追求だけではなく、コストがかかっても社会的貢献をしなくてはならない。これは利害関係に相当する。また、後ろ向きの社会的責任というよりは、前向きな新しい戦略の社会的貢献に企業のあり方を切り替える必要がある。ここでも「グローバル」という地球規模でものを考えることが重要な要素である。なぜ今社会的責任がとわれるのか。それは人類が今になって地球の危機について真剣になってきたからである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    企業と玉川大学の社会的貢献について
    今日の企業経営では、企業としては利益が上がればいいが、利益の追求だけではなく、コストがかかっても社会的貢献をしなくてはならない。これは利害関係に相当する。また、後ろ向きの社会的責任というよりは、前向きな新しい戦略の社会的貢献に企業のあり方を切り替える必要がある。ここでも「グローバル」という地球規模でものを考えることが重要な要素である。なぜ今社会的責任がとわれるのか。それは人類が今になって地球の危機について真剣になってきたからである。
    地球環境の問題で今騒がれているのが「地球温暖化」である。近年の産業発展により、産業森林伐採や産業が出す煙やフロンガスがオゾン層..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。