外資系企業とこれからの日本

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数352
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    外資系企業は、自分なりのスキル・アップのビジョンをもち、自分の能力に自信がないとやっていけません。外資系企業の良い点は、極めてドライな能力主義(数値化)の徹底、男女平等、給料も高く、休日もしっかり取れ、服装や私生活には干渉しない。さらに、年功序列による若手の発言力の低さがないので、比較的自由であると言える。
    しかし、人種差別はないが、能力主義の学歴差別が起こり、学歴が低いと相手にされなかったり、能力のないものは切り捨てられる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    外資系企業とこれからの日本
    外資系企業は、自分なりのスキル・アップのビジョンをもち、自分の能力に自信がないとやっていけません。外資系企業の良い点は、極めてドライな能力主義(数値化)の徹底、男女平等、給料も高く、休日もしっかり取れ、服装や私生活には干渉しない。さらに、年功序列による若手の発言力の低さがないので、比較的自由であると言える。
    しかし、人種差別はないが、能力主義の学歴差別が起こり、学歴が低いと相手にされなかったり、能力のないものは切り捨てられる。本社から来た外国人が日本を理解していないことも多く、トラブルも多い。また、M&Aが多く、リストラを増やす原因になっている。これにより、日本人が..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。