商品学の対象とする商品について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数576
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    商品とは、一般市場で売買することを目的として生産された物質が、有用性と収益性を持ち、使用価値および交換価値を有するという見込みをもとに商取引の対象として市場にあって配給過程に置かれるときのことをいう。また、商品は、貨幣との交換対象としての販売目的があり、利潤の獲得を目的として生産・販売される。買手には満足を、売手には収益をもたらすためのものということもできる。
    広い意味の商品のなかには有形のものと無形のものがあり、無形のものは「サービス」と呼ばれる。運輸、金融、保険、医療、教育、レジャーなど、いわゆる第三次産業によって生産されるものすべてを含む。有形商品と同様にサービスもまた重要商品である。顧客要求は、有形商品のみならずサービスによって満たされるから、多くの商品は両者の結合でなければならない。
    商品の有用性は、使用価値として実際に使用して欲望を満足させうる商品の能力で、具体的には品質という言葉で表現される。他方、商品の収益性は、交換価値としてその商品がもつ販売適性ないし市場適性のことである。買手が進んで購入したくなるような魅力や実質をそなえていること、いわゆる「売れる商品」であることで..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。