妊娠

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数2,492
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    ●人口妊娠中絶●
    胎児(と付属物)を成長の途中で人工的に母体外に排出させることを言う。優生保護法に基づいて行われるが、最も多いのは「妊婦の継続股は分娩が身体的股は経済的理由により母体の健康を著しく害するおそれ」を拡大解釈してのケースである。中絶しないに越したことはないが、やむを得ない場合は出来るだけ早く、妊娠3ヶ月以内に行ったほうが危険は少なくすむ。妊娠は最後にあった生理開始日を第1日とするので、生理がないと悩む頃には既に2ヶ月目になっている。方法は妊娠3ヶ月までは吸引方や除法・掻爬法による中絶で、それ以降は人口流産である。人口流産は出産と同じ過程で行われ、時間がかかり、設備のうえから病院が限られる。なお、手術が見とめられるのは22週未満である。

    ●必要な書類●
    人口妊娠中絶同意書・・・医師に提出する。同意書には本人と配偶者―胎児の父―の署名捺印が必要。配偶者(胎児の父)が分からない場合は、その旨を伝える。
    火葬(埋葬)許可書・・・妊娠中期の死産では、法律によって胎児を火葬する。これは、人口流産でも同じである。医師に死産証明書をもらって役所に提出、火葬(埋葬)許可書を発行してもらう。なお、この時期の死産は戸籍には記載されない。


    ●中絶ピル●
    飲むだけで中絶ができるピル。“ミフェジン”がある。母体から分泌される黄体ホルモンの働きを妨げ、受精卵が着床した内膜を子宮から剥離させる。88年にフランスで冶験薬として認可され、副作用が少なく、中絶の確立は85%に達するといわれる。さらに子宮収縮剤プロスタグランジンを併用すると、95%以上になる。この薬は、日本では薬品として認可されていない。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    選んだ理由
     私がこのテーマを選んだのは、将来自分も妊娠するけれど、もし望まない妊娠が起こったりしたらどうなるんだろう・・?と思ったからです。もし望まない妊娠が起こったら中絶すればいい!とか、そういう安易な考えが私含め、同年代の子にはあるような気がしていました。けど、中絶っていうのはその後に及ぼす影響も大きいし、しないに越したことはないと保健の授業で習い、実際はどのようなものなんだろう?と知りたくなりました。まだまだ浅はかだった私の中絶に対する意識を変えるため、また、女性として知っておかなければならないことだと思ったため、私はこのテーマでレポートを書くことにしました。
    内容
    ●人口妊娠中絶●
    胎児(と付属物)を成長の途中で人工的に母体外に排出させることを言う。優生保護法に基づいて行われるが、最も多いのは「妊婦の継続股は分娩が身体的股は経済的理由により母体の健康を著しく害するおそれ」を拡大解釈してのケースである。中絶しないに越したことはないが、やむを得ない場合は出来るだけ早く、妊娠3ヶ月以内に行ったほうが危険は少なくすむ。妊娠は最後にあった生理開始日を第1日とするので、生理がないと悩む頃..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。