スペースデブリ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数725
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1 研究の目的
    研究の目的は二つある。第一はスペースデブリの問題のことについてあまり知らない一般の人々に知識・情報を教えることである。この問題は国の問題ではなく、一つの地球に住んでいる我々の問題であるから、皆がこのことについて知るべきだと思う。第二はデブリの危険性を詳細に調べることにより、この問題へのより良い解決を考えることができることである。つまり、スペースデブリへの対策を簡単に求めるにはとりあえず、デブリの特徴・危険性を調べる必要があると思う。
    2 スペースデブリとは?
    2.1 スペースデブリの定義
    デブリの主な定義は「現在並びに将来にわたって有用な役割を果たさない人工物体」である。人工衛星は寿命が12年であり、その寿命を終えると打ち上げたロケットの最終段と共に宇宙空間をさまようことになる。現在地球周回軌道には2000トン以上の人工物体が蓄積した。その95%はミッションを終えたものである。これらの宇宙のゴミと化した物体をスペースデブリという。例としては個体ロケットの燃えかすの酸化アルミニウム、ロケットや人工衛星の破片などである。
    2.2 スペースデブリの発見と現在の状態
    宇宙開発が始まったころはメトロイド(隕石)の存在が恐れられた。天文学者フレッド・ホイップルは月に行く宇宙船の25機に1機はメトロイドに破壊されると予測した。しかし、宇宙実験室であるアメリカのスカイラブ、ソ連のサリュートによる宇宙長期滞在も無事に終わり、メトロイドによる宇宙船の破壊の可能性はそれほど大きくないことが判明した。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    スペースデブリ
    1 研究の目的
    研究の目的は二つある。第一はスペースデブリの問題のことについてあまり知らない一般の人々に知識・情報を教えることである。この問題は国の問題ではなく、一つの地球に住んでいる我々の問題であるから、皆がこのことについて知るべきだと思う。第二はデブリの危険性を詳細に調べることにより、この問題へのより良い解決を考えることができることである。つまり、スペースデブリへの対策を簡単に求めるにはとりあえず、デブリの特徴・危険性を調べる必要があると思う。
    2 スペースデブリとは?
    2.1 スペースデブリの定義
       デブリの主な定義は「現在並びに将来にわたって有用な役割を果たさない人工物
        体」である。人工衛星は寿命が12年であり、その寿命を終えると打ち上げたロケットの最終段と共に宇宙空間をさまようことになる。現在地球周回軌道には2000トン以上の人工物体が蓄積した。その95%はミッションを終えたものである。これらの宇宙のゴミと化した物体をスペースデブリという。例としては個体ロケットの燃えかすの酸化アルミニウム、ロケットや人工衛星の破片などである。
      
    2.2 スペー..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。