抵抗の測定

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数893
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    目的:
     抵抗(resistor)は、電気回路や電子回路を構成するもっとも基本的な素子の一つである。
    ここでは、この抵抗素子のみを用いて回路を構成することによって、抵抗の電気的特性を観測する。さらにキルヒホッフの法則について実験的に確認する。合わせてテスターの基本的操作法を習得する。
    使用機器:
    1. 直流電源 2. テスター(アナログ、デジタル) 3. 抵抗 4. 被覆線 5. 電卓
    準備:抵抗の測定値とカラーコードによる表示値との照合
     与えられた抵抗器の抵抗値をテスターを用いて測定し、カラーコードのよる表示値と合っているかを確認する。5本の抵抗について、R1、R2、、R5のように識別記号をつけ、カラーコード、その表示値および測定値を記録しておく。
    使用した抵抗器の抵抗値は表1.1カラーコードの抵抗値に示す。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    抵抗の測定
    目的:
     抵抗(resistor)は、電気回路や電子回路を構成するもっとも基本的な素子の一つである。
    ここでは、この抵抗素子のみを用いて回路を構成することによって、抵抗の電気的特性を観測する。さらにキルヒホッフの法則について実験的に確認する。合わせてテスターの基本的操作法を習得する。
    使用機器:
    直流電源 2. テスター(アナログ、デジタル) 3. 抵抗 4. 被覆線 5. 電卓
    準備:抵抗の測定値とカラーコードによる表示値との照合
     与えられた抵抗器の抵抗値をテスターを用いて測定し、カラーコードのよる表示値と合っているかを確認する。5本の抵抗について、R1、R2、、R5のように識別記号をつけ、カラーコード、その表示値および測定値を記録しておく。
    使用した抵抗器の抵抗値は表1.1カラーコードの抵抗値に示す。
    表1.1 カラーコードの抵抗値
    ※測定値(デジタル)は、四捨五入により有効数字2桁で表示している。
    実験1: 抵抗回路の構成と抵抗値の測定
     上記で準備した抵抗器を何個か組み合わせて、直列回路、並行回路、直並列回路をそれぞれ一つずつ構成し、それぞれの合成抵抗値をあらかじ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。