政党と圧力団体とを関連付けて説明せよ。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数9,014
ダウンロード数24
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

     政党とは、政権の獲得を目的とする団体のことである。政権の獲得とは、権力機構の獲得にある。権力機構の獲得とは、政府を形成し、立法過程の主導権を握るということである。具体的には、組閣、行政省庁のコントロール、役職の配分、予算案を含む各種法律案の準備・提出、補助金の配分など、行政権の守備範囲にある様々な業務を遂行し、立法過程の実質を支配することにある。この点が圧力団体と違う点となっている。
     政党の役割としては、
    1、利益表出機能
     利益表出機能とは、社会の各領域からそれぞれの要望を出していくことである。
    2、利益集約機能
     利益集約機能とは、利益表出機能において出された要望をまとめて具体的な政策にすることである。
    3、人材供給機能
     人材供給機能とは、政治的なリーダーを育成し、それを政治の舞台に送り出すことである。
    4、政治的社会化機能
     政治的社会化機能とは、国政上のさまざまな課題や問題について政党の見解や政策を国民に説明し、積極的な参加を促すことである。
     以上の機能があげられる。

    圧力団体とは、自己の特殊利益の実現を目的として、政治的な圧力を行使する団体のことであり利益集団とも呼ばれる。
     圧力団体はそれぞれの要求を政治に伝え、それを政策に反映させる利益表出機能を果たして政党の機能を補完している。
     従来の圧力団体は、経済的利益を中心としてそれぞれの団体の特殊利益を追求するものだったが、最近になってその目的がそれぞれの団体利益に限定されず、社会正義の追求を掲げて公共的な利益を追求するものも現れてきた。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     政党とは、政権の獲得を目的とする団体のことである。政権の獲得とは、権力機構の獲得にある。権力機構の獲得とは、政府を形成し、立法過程の主導権を握るということである。具体的には、組閣、行政省庁のコントロール、役職の配分、予算案を含む各種法律案の準備・提出、補助金の配分など、行政権の守備範囲にある様々な業務を遂行し、立法過程の実質を支配することにある。この点が圧力団体と違う点となっている。
     政党の役割としては、
    1、利益表出機能
     利益表出機能とは、社会の各領域からそれぞれの要望を出していくことである。
    2、利益集約機能
     利益集約機能とは、利益表出機能において出された要望をまとめて具体的な政策..

    コメント1件

    remix3752 購入
    ありがとうございます、参考になりました。
    2007/08/19 11:43 (9年4ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。