法の適用について説明しなさい。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数3,337
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    法の適用とは、法の具体化の作業のことである。
    つまり、社会生活における具体的事実を認定し、法的根拠に基づいて結論を確定することにある。これは、社会で最も重要な規範の適用実現であるので、恣意的・単なる感情論・その場の便宜論だけで片付けられるものでなく、論理の厳格なる判断や適用が要請されているものである。
    ところで、この結論をだす権限をもつものは裁判所である。法の適用をなす主体には行政機関も含まれ、それが争いの場合には裁判所で判定されるので、この意味での法の適用は、裁判所にもっとも代表されるということがいえる。
    法の適用とは、法を現実に運用することともいうことができ、法のうち、慣習法その他の不文法については、それがあるということと、実際に運用される状態にあるということとは同様であるが、成文法の場合には、まず制定されることによってその内容が確定され、次に施行されることによってはじめて実際に運用されうる状態になる。そうして、更に、個々の具体的なケースについてこの法を実際にあてはめて法の力を現実に発揮させることを法の適用という。
    法を適用するとは、まず、法律を大前提とし、次に社会的事実を小前提とし、最後に、判決すなわち結論を導き出すということである。このように、結論を導く推論図式のことを三段論法という。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    法の適用とは、法の具体化の作業のことである。
    つまり、社会生活における具体的事実を認定し、法的根拠に基づいて結論を確定することにある。これは、社会で最も重要な規範の適用実現であるので、恣意的・単なる感情論・その場の便宜論だけで片付けられるものでなく、論理の厳格なる判断や適用が要請されているものである。
    ところで、この結論をだす権限をもつものは裁判所である。法の適用をなす主体には行政機関も含まれ、それが争いの場合には裁判所で判定されるので、この意味での法の適用は、裁判所にもっとも代表されるということがいえる。
    法の適用とは、法を現実に運用することともいうことができ、法のうち、慣習法その他の不文法については、それがあるということと、実際に運用される状態にあるということとは同様であるが、成文法の場合には、まず制定されることによってその内容が確定され、次に施行されることによってはじめて実際に運用されうる状態になる。そうして、更に、個々の具体的なケースについてこの法を実際にあてはめて、法の力を現実に発揮させることを法の適用という。
    法を適用するとは、まず、法律を大前提とし、次に社会的事実を小前提..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。