ベンチャー企業の企業理念と成功の秘訣

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,301
ダウンロード数24
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ベンチャービジネスは革新的な技術または経営手法により、大手企業に支配されず、高い成長を志向する企業、として定義されている。こういった 革新的事業の将来性は高い成長が期待できる反面、不確定な要素が多いため、それに負うリスクも高い。
    ベンチャービジネスをおこすための条件は大きくわけて4つあるといえる。
    一つは資金調達である。アメリカでは成長性で投資の判断をするエンジェルや、ベンチャーキャピタルがベンチャービジネスの興隆に大きく貢献している。日本では95年に中小企業創造活動推進法が実施され、全国の自治体で直接金融による支援制度の実施、低金利融資制度の拡充がなされた。これらは現在のベンチャー起業に大きく貢献しているといえる。二つ目に人材確保、次にビジネス支援、そして技術開発である。逆に言うならば、ベンチャービジネスの興隆の条件は、自社の財政、人材資源、技術を最大限に活用しながら、経営改革、戦略の打ち出しをしていくことであるといえるであろう。
    それでは、ベンチャービジネスを起業し、成功を収めるためには一体どのような方法をとるべきなのだろうか。成功企業が将来的に生き残り、更なる成功を収めるためには一体どのような企業理念を掲げていくべきなのだろうか。そして今後どのような課題に直面することが予想され、どのように対処していくのであろうか。
    これらについて、既存の「ベンチャー企業」として挙げられるであろう以下三社の企業の例をもとに、企業理念、ビジネスモデルの構築の仕方を理解し、また、ベンチャービジネスの今後のあり方を考察していきたい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ベンチャー企業理念、課題
                             
    ベンチャービジネスは革新的な技術または経営手法により、大手企業に支配されず、高い成長を志向する企業、として定義されている。こういった 革新的事業の将来性は高い成長が期待できる反面、不確定な要素が多いため、それに負うリスクも高い。
    ベンチャービジネスをおこすための条件は大きくわけて4つあるといえる。
    一つは資金調達である。アメリカでは成長性で投資の判断をするエンジェルや、ベンチャーキャピタルがベンチャービジネスの興隆に大きく貢献している。日本では95年に中小企業創造活動推進法が実施され、全国の自治体で直接金融による支援制度の実施、低金利融資制度の拡充がなされた。これらは現在のベンチャー起業に大きく貢献しているといえる。二つ目に人材確保、次にビジネス支援、そして技術開発である。逆に言うならば、ベンチャービジネスの興隆の条件は、自社の財政、人材資源、技術を最大限に活用しながら、経営改革、戦略の打ち出しをしていくことであるといえるであろう。
    それでは、ベンチャービジネスを起業し、成功を収めるためには一体どのような方法..

    コメント1件

    luvluv01 購入
    事例が古いすぎるわ、グッドウィルが成功例だなんて
    2009/01/26 3:32 (7年10ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。