法の下の平等について

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数757
ダウンロード数21
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    1.憲法14条の意味
     憲法14条1項で「すべての国民は、法の下に平等であつて、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない」として、平等原則を定めている。
     現代の日本国憲法においての平等の観念は、すべての個人に均等に自由な活動を保障する「機会の平等」を実質的に確保し、生存権を保障するという形で、実際に存在する不平等を是正する「結果の平等」についても配慮している。
    また、憲法14条では、人間は人種や、民族、性別、財産の有無、身体の状況などの様々な差異を考慮せず、法律上完全に人を均等に扱うという「絶対的平等」の考えでは不合理が生じるため、「合理的区別」を許容し、人を扱う「相対的平等」の立場に立つと解釈されている。
    ここで、「合理的区別」の判断が問題となる。憲法14条1項には?人種?信条?社会的身分?性別?門地の5項目が具体的に挙げられているが、差別が禁止される理由を上記の5項目に限定しているとする「制限列挙説」の立場をとる者や、5項目はただの例に過ぎないとする「例示列記説」を唱える者がいる。現在の通説・判例は「例示列記説」に立つ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    法の下の平等について。
     
    1.憲法14条の意味
     憲法14条1項で「すべての国民は、法の下に平等であつて、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない」として、平等原則を定めている。
     現代の日本国憲法においての平等の観念は、すべての個人に均等に自由な活動を保障する「機会の平等」を実質的に確保し、生存権を保障するという形で、実際に存在する不平等を是正する「結果の平等」についても配慮している。
    また、憲法14条では、人間は人種や、民族、性別、財産の有無、身体の状況などの様々な差異を考慮せず、法律上完全に人を均等に扱うという「絶対的平等」の考えで..

    コメント7件

    yasusami 購入
    参考にさせて頂きました。ありがとうございます。
    2006/05/23 20:32 (10年6ヶ月前)

    banbanjamjam 購入
    同じ設題で最後に行き詰っていました。論点が同じだったので大変参考になりました。ありがとうございました。
    2006/06/01 21:15 (10年6ヶ月前)

    ryunosuke 購入
    とても参考になりました。ありがとうございます。
    2006/06/22 8:15 (10年5ヶ月前)

    ma1105 購入
    参考になりました
    2006/07/06 19:46 (10年5ヶ月前)

    sorasora 購入
    参考になりました
    2006/07/08 20:28 (10年5ヶ月前)

    aiueokakiku 購入
    参考になりました
    2006/12/04 2:12 (10年前)

    joeyabuki 購入
    参考になりました。
    2007/02/26 23:29 (9年9ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。