18世紀においてイギリスが他国に先がけて小説を生み出したのは何故か

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数1,314
ダウンロード数18
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    17世紀イギリスの歴史的背景
    まず、イギリス文学において、小説が勃興するまでの過程を歴史的背景を通し考察したい。
    イギリスの17世紀は激動の時代で、とくに社会に大きな影響を与えたのがピューリタンの精神である。エリザベス1世の没後、ジェイムス1世はスチュアート朝を開いたが、王は反動的な王権神授論者で、議会に全く理解を示さず、王党派対、議会派の対立が深まった。王党派は主に国教徒、議会派は、産業資本家や商工業者として当時勢力を増してきた存在の中産市民階級である、ピューリタンであった。議会派は国王の専制政治に対抗するも、圧迫を加えられていた。そういった中でクロムウェルに率いられた議会派が勝利し、ピューリタンによる共和制が誕生した。
     しかし、クロムウェルの共和制は、あまりに厳格な政策であり、その独裁政治から民衆の心を長く捉えることは出来ず、クロムウェルの死後、議会と国民の意思のもとに1660年、亡命先のフランスからチャールズ2世を迎え、王政復古した。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「18世紀においてイギリスが他国に先がけて小説を生み出したのは何故かをイギリスの歴史とそれが生み出す社会を考察しつつ述べよ。」
     17世紀イギリスの歴史的背景
    まず、イギリス文学において、小説が勃興するまでの過程を歴史的背景を通し考察したい。
    イギリスの17世紀は激動の時代で、とくに社会に大きな影響を与えたのがピューリタンの精神である。エリザベス1世の没後、ジェイムス1世はスチュアート朝を開いたが、王は反動的な王権神授論者で、議会に全く理解を示さず、王党派対、議会派の対立が深まった。王党派は主に国教徒、議会派は、産業資本家や商工業者として当時勢力を増してきた存在の中産市民階級である、ピューリタンであった。議会派は国王の専制政治に対抗するも、圧迫を加えられていた。そういった中でクロムウェルに率いられた議会派が勝利し、ピューリタンによる共和制が誕生した。
     しかし、クロムウェルの共和制は、あまりに厳格な政策であり、その独裁政治から民衆の心を長く捉えることは出来ず、クロムウェルの死後、議会と国民の意思のもとに1660年、亡命先のフランスからチャールズ2世を迎え、王政復古した。この王はフラン..

    コメント2件

    naoto24 購入
    参考になります。
    2006/07/24 20:23 (10年4ヶ月前)

    fantasis 購入
    参考になりました
    2007/06/09 21:37 (9年6ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。