英米文学入門レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数789
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    英米文学入門    オスカー・ワイルド「サロメ」              
     オスカー・ワイルドの戯曲「サロメ」は、ユダヤの王女・サロメが宮殿の水溜の中に住む預言者・ヨカナーンを見て恋に落ち、宴席で義父である副王・ヘロデに踊るようしつこくせまられ、踊った褒美として預言者ヨカナーンの首を求めた結果、サロメもヘロデの命令で殺されるという悲劇である。
     私がこの作品をおもしろいと思った点は、サロメという主人公の人物像である。この作品の中で、サロメは高慢ではあるが純粋な性格の持ち主のように描かれている。例えば、ヨカナーンの声を聞いてその姿を見たいと思ったサロメは、周りの奴隷たちにヨカナーンを水溜から出すように命じる。奴隷たちがそれを拒むと、サロメは自身に思いを寄せているシリア人の青年の弱みをついて、ついにヨカナーンを水溜から出させる。それだけでなく、サロメはヨカナーンの姿を見て恋に落ち、シリア人がどれだけ引き止めようとも、ヨカナーンがどれだけ侮蔑の言葉を浴びせようとも、サロメはヨカナーンに近づくことを諦めない。結局、サロメを止めることができなかったシリア人は自害してしまうが、サロメはそのこと..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。