フランス文学入門レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,553
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    フランス文学入門 
    「ボヴァリー夫人」 薬剤師オメーの役割
     ギュスターヴ・フローベールの作品「ボヴァリー夫人」は、医師シャルル・ボヴァリーとの平凡な結婚生活に退屈した主人公エマ・ボヴァリーが、不倫を重ね、莫大な借金を作った挙句、服毒自殺を図るという話であるが、そこに登場する薬剤師・オメーという人物について考えようと思う。
     「ボヴァリー夫人」の話の大部分はヨンヴィルという小さな村が舞台となっているが、オメーはヨンヴィルの医師宅の隣に薬局を構える薬剤師として登場する。彼は夫妻の隣人として話のあらゆる箇所に登場し、夫妻の生活に変化をもたらす要因を作り出すこともある、重要な人物である。では、この人物は作中でどのように描かれているだろうか。
     まず、彼には自分の信念を曲げない頑固さや、自分の考えを人に押し付ける強引さが感じられる。これは宗教を信じない彼が、司祭ブールニジアン師とたびたび議論をするところから明らかだろう。また、オメーが、相手が聞いていないにもかかわらず自分の話を続け、相手をいらだたせるという場面が、この話には何度か出てくる。さらに、旅館『金獅子』の下男イポリットに足の手術を一番..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。