バルザックレポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数317
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「ユルシュール・ミルエ」におけるミノレ博士の信仰
     オノレ・ド・バルザック作「ユルシュール・ミルエ」に登場するミノレ博士は、もともとはキリスト教を信仰しない人間であった。この博士が晩年に改心し、敬虔なキリスト教信者となることが、この物語が展開していく上で、非常に重要な事柄になっているように考える。
     優れた科学的教養のある医師であるミノレ博士は無神論者ではあったが、キリスト教を嫌っていたわけではなく、シャプロン司祭は彼にとって大切な友人の一人であった。そして、大切な養女であるユルシュール・ミルエにどのような宗教を信仰させるかと司祭に問われたとき、彼はカトリックによる恩恵を彼女から奪う権利は自分..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。