「ウジェニー・グランデ」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数353
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    ウジェニー・グランデ文学

    代表キーワード

    文学

    資料紹介

    「ウジェニー・グランデ」における町の風景とシャルルの持ち物
     「ウジェニー・グランデ」から冒頭の町の風景描写と、シャルルの持ち物の描写を引用し、比較する。
     冒頭の町の風景描写は次のようなものである。
       Il se trouve dans certaines villes de province des maisons dont la vue inspire une mélancolie égale à celle que provoquent les cloîtres les plus sombres, les landes les plus ternes ou les ruines les plus tristes. Peut-être y a-t-il à la fois dans ces maisons et le silence du cloître et l'aridité des lancdes et les ossements des ruines : la vie et le mouvement y sont si tranquilles qu'un étranger les croirait inhabitées, s'il ne rencorrait tout à coup le regard pâle et froid d'une personne immobile dont la figure à demi monastique dépasse l'appui de la croisée, au bruit d'un pas inconnu.
    この冒頭で描写されている風景は、ウジェニーの住むソミュールの町で、ここに現れる「青白く冷たい視線」の持ち主がウジェニーであることは、物語を読み進めていくと容易に想像できる。ここで使われている « mélancolie » « cloîtres» « sombre » などの単語は、この小説が書かれるより前の時代に流行したロマン主義を思い起こさせる。短い文の中にそういった単語を多用することで、ロマン主義のパロディーをつくり、ロマン主義を皮肉っていると考えられるが、それだけではなく、シャルルの暮らしぶりとの対比するためでもあると考える。また、 « les plus … » という最上級表現が多用されていることから、ソミュールの町並みの寂しさとグランデ家の質素な生活が著しく強調されていることに気づく。さらに、この町の風景は、 « sombre » « terne » «pâle » «froid »などの語から、薄暗い色、もしくは暖かみのない寒色で彩られているような印象を受ける。そして、 « silence » « tranquille » « immobile»という語からは、町の人々の静かで動きのない様子が読み取られる。
    そして、グランデ家にやって来たシャルルの持ち物については、次のように書かれている。
     Charles emporta donc le plus joli costume de chasse, le plus joli fusil, le plus joli couteau, la plus jolie gaine de Paris. Il emporta sa collection de gilets les plus ingénieux : il y en avait de gris, de blancs, de noirs, de couleur scara

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「ウジェニー・グランデ」における町の風景とシャルルの持ち物
     「ウジェニー・グランデ」から冒頭の町の風景描写と、シャルルの持ち物の描写を引用し、比較する。
     冒頭の町の風景描写は次のようなものである。
       Il se trouve dans certaines villes de province des maisons dont la vue inspire une mélancolie égale à celle que provoquent les cloîtres les plus sombres, les landes les plus ternes ou les ruines les plus tristes. Peut-être y a-t-il à la fois dans ces maisons et le silence du cloître et l'aridité des lancdes et les ossements des ruines : la vie et le mouvement y sont si tranquilles qu'un étrang..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。