教育課程とは何かについて、その基準と編成原理、今日的課題についてまとめなさい)

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数1,966
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    『教育課程とは何かについて、その基準と編成原理、今日的課題についてまとめなさい。』
    わが国では、これまで大きく3回の教育改革が行われた。最初の教育改革は明治の学制発布に伴う教育改革であり、国民に教育を受ける機会を保証することが重要となったためである。
    2回目の改革では、戦後の義務教育及び民主教育の発足に伴う改革で、これにより子どもたちの進学率が大幅に上昇した。その結果として教育が大衆化され、同時に受験戦争の過熱を生み出すこととなった。
    3回目は現行の教育改革で、中央教育審議会や臨時教育審議会を中心として提唱された。受験戦争が過熱し、学歴社会となり、いじめ、不登校、学級崩壊などのいわゆる教育の荒廃の原因がそこにあると、学歴社会そのものを「悪の枢軸」としてつるし上げ、新しい学力観に基づく「ゆとり教育」への転換が始まったのである。
    教育課程の概念は「学校教育の目的や目標を達成するために、教育内容を生徒の心身の発達に応じ、授業時数との関連において総合的に組織した学校の教育計画である」と一般的に解されている。
    その基準となる学習指導要領は、時代の変化と共に求められるニーズも変化するため、常に不変のものではない。それが教育課程に反映されるのである。
    そこで教育課程に大きく影響してくる学習指導要領の変遷に関して以下に示し、今日的の教育課程の課題を考察していきたい。
    学習指導要領の内容は、見る・聞く・話すを中心とした「経験主義」か、読み・書き・計算を中心とした「系統主義」のどちらに重きを置くのかで違いがある。
    学習指導要領が最初に制定されたのは昭和22年で、『学習指導要領 一般編(試案)』となっており、手引書的なものとして扱われ、教育課程に関しても一定の基準は設けられていたが、現場の裁量に委ねられていたのである。
    昭和26年の改訂では学習指導要領が全面改訂され、生徒の自主性を重視する、柔軟なカリキュラムであった。
    次の改訂は、昭和33年に行われた。前回の改訂が「経験主義」的で、児童の基礎学力が低下し、青少年の非行、規律の低下などを招き、学校教育においても何らかの対応策が求められるようになったためである。
    そのために、教育課程において「経験主義」的なものから「系統主義」的なものを取り入れる試みがなされたのである。系統主義を重視した、各教科、道徳、当別教育活動、学校行事の4領域に分けた。「道徳」を特設化したのは、戦後、社会科及び学校教育全体が一貫して行うべきとされていたが、効果があがっていなかったこと、また青少年の非行が社会問題化するまでに増加したことも背景にある。また、学校指導要領の法的拘束力が強化されたことも注目すべきである。
     昭和43年から44年にかけての改訂では、経済界から経済成長を担う人材育成を教育に求める動きがおこった。この動きが学習指導要領改訂に大きな影響を与えた。この改訂では、科学技術の発展に比例して知識量が膨大に増大し、教育内容を現在の必要性に即して選び出す、いわゆる「教育内容の現代化」を意図していた。これは能力主義に対応したものであるが、この改訂では、能力主義への警戒がみられる。それは、能力主義が過度に進行したため、学校現場でも行き過ぎた競争主義が蔓延したためである。全国統一の学力テストは、昭和41年度から中止されるが、その理由こそ競争主義による人間性育成の等閑視にある。そのために学習指導要領において「調和と統一」が焦眉のテーマとして取り上げられ、知育のみならず徳育・体育の重要性が指摘された。
     昭和52年の改訂で能力主義への反省から、ゆとり教

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『教育課程とは何かについて、その基準と編成原理、今日的課題についてまとめなさい。』
    わが国では、これまで大きく3回の教育改革が行われた。最初の教育改革は明治の学制発布に伴う教育改革であり、国民に教育を受ける機会を保証することが重要となったためである。
    2回目の改革では、戦後の義務教育及び民主教育の発足に伴う改革で、これにより子どもたちの進学率が大幅に上昇した。その結果として教育が大衆化され、同時に受験戦争の過熱を生み出すこととなった。
    3回目は現行の教育改革で、中央教育審議会や臨時教育審議会を中心として提唱された。受験戦争が過熱し、学歴社会となり、いじめ、不登校、学級崩壊などのいわゆる教育の荒廃の原因がそこにあると、学歴社会そのものを「悪の枢軸」としてつるし上げ、新しい学力観に基づく「ゆとり教育」への転換が始まったのである。
    教育課程の概念は「学校教育の目的や目標を達成するために、教育内容を生徒の心身の発達に応じ、授業時数との関連において総合的に組織した学校の教育計画である」と一般的に解されている。
    その基準となる学習指導要領は、時代の変化と共に求められるニーズも変化するため、常に不変..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。