従来の知識伝達を重視した授業の設計と評価に対して主体的な学習を基本とする授業について設計と評価の特徴を比較し

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数6,794
ダウンロード数16
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    『従来の知識伝達を重視した授業の設計と評価に対して主体的な学習を基本とする授業について設計と評価の特徴を比較し、その比較の視点毎にまとめて授業設計ならびに評価についての留意点を述べよ。』
     教育現場において、現在、さまざまな分野で教育改革が行われているが、教育方法に関しては知識伝達を重視した授業から、主体的な学習を基本とする授業へと移り変わり、「基礎的な学力の育成」と「生きる力の育成」の両面が求められている。具体的には、基礎的な学力を主に育成しようとする「課題習得型学習」と、新しい学力(生きる力)を主に育成しようとする「課題発見型学習」をカリキュラムの中にバランスよく適切に盛り込むことが重要となってくる。
    新教育課程においては、次の4つの学力をバランスよく育てることが重要である。
    基礎的な学力A(「読み・書き・計算」といった教科等の基礎となるもので、将来の社会生活の基礎となるもの)
    基礎的な学力B(学習指導要領で明示されている目標と内容に基づく教科等の学力)
    発展的な学力(学習指導要領を目標・内容を超えた学習、複数教科間の関連付けをはかるような学習を通じて育成される学力)
    実践的な学力(教科等で培った学力をふまえながら、教科の枠を超えて、現実の社会課題や自らの生き方に関わる課題を発見し解決しようとする際に身につく学力)
    ここで、①②③が「教科学習で主にめざす学力」で、④が「総合的学習で主にめざす学力」となる。
    また、上述したように、①②の「基礎的な学力」が「課題習得型学習」によって育成され、③④の「新しい学力(生きる力)」は「課題発見型学習」によって育成される。
     従来の知識伝達を重視した授業設計は、この「課題習得型」中心の授業展開である。これはカリキュラムにもとづき、計画的、体系的に課題や問いが教師によって作られて、子どもに提示される。また授業の際、教科書、参考書といったテキストを用いるが、これらは学習者に理解されやすいように他者によって収集されて手を加えられたものである。また、正解が唯一のものが多く、その答えを教師はしっており、教師から生徒への「教える―教えられる」の関係であるために、「他問自答(教師が問いを出し、子ども自身が答える)」か「他問他答(教師が問いを出し、他の子どもが答える)」の学習様式となる。
    「基礎的な学力」を育成する際の学習指導法の工夫に、ティーム・ティーチング(T・T)というものがある。一般的なものは、一人の教師が一斉授業をしているときに、もう一人の教師が机間巡視しながら、「つまずきやすい子ども」に対して個別指導を行なう。ただし、子どもの習熟度や興味・関心の違いに応じてグループ分け、教師が受け持つグループも分けて指導すべき必要がある。
    少人数授業も工夫の一つである。最大、40人いる学級を解体し、1つの集団を20人以下の少人数にし、個に応じた指導を充実させる。したがって習熟度の差の大きくない学年段階で実施すべきである。
    次に、習熟度別学習であるが、個々の子どもの「学習習熟度」の違いに応じてクラス(コース)分けを行い、適切な指導を行う。ただし、クラス(コース)の学習内容・方法・人数を個に応じた指導が行き届くように適切なものにする。また、適切なコースを選べるように、教師の指導・助言のあり方を検討する。また、生徒や保護者が「一斉授業ではない=平等ではない」という考えを持たないように、習熟度別学習の意義を理解してもらうことも重要である。そして、どの時期にどの単元から習熟度別学習を取り入れるのか、試験の問題を各コース共通にするのか、一

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『従来の知識伝達を重視した授業の設計と評価に対して主体的な学習を基本とする授業について設計と評価の特徴を比較し、その比較の視点毎にまとめて授業設計ならびに評価についての留意点を述べよ。』
     教育現場において、現在、さまざまな分野で教育改革が行われているが、教育方法に関しては知識伝達を重視した授業から、主体的な学習を基本とする授業へと移り変わり、「基礎的な学力の育成」と「生きる力の育成」の両面が求められている。具体的には、基礎的な学力を主に育成しようとする「課題習得型学習」と、新しい学力(生きる力)を主に育成しようとする「課題発見型学習」をカリキュラムの中にバランスよく適切に盛り込むことが重要となってくる。
    新教育課程においては、次の4つの学力をバランスよく育てることが重要である。
    基礎的な学力A(「読み・書き・計算」といった教科等の基礎となるもので、将来の社会生活の基礎となるもの)
    基礎的な学力B(学習指導要領で明示されている目標と内容に基づく教科等の学力)
    発展的な学力(学習指導要領を目標・内容を超えた学習、複数教科間の関連付けをはかるような学習を通じて育成される学力)
    実践的な学力..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。