教科教育法国語 1 第2設題

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数370
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「中学1年生の3学期に学習されている文学教材「トロッコ」(芥川龍之介)を、詳細に教材分析し、その構造や工夫を明らかにしなさい。」

    この作品は時間軸によって大きく3つに分けられる。まず1つ目は形式段落3の「ある夕方、――…」、2つ目は形式段落9の「そののち十日あまりたってから、――…」、最期の3つ目は形式段落31の「良平は二十六の年、――…」である。そこからさらに全体の構造をより明確にするため、分析しやすいよう1つ目の場面と2つ目の場面を分けていく。まず1つ目の場面は、良平のトロッコに対する憧れから1度目のトロッコ体験をするところまでと、大人になった良平が顔を出すシーンである。そして2つ目の場面は、2度目のトロッコ体験が始まった行きの場面と一人で帰らなければならなくなった箇所からすすりあげ泣くまでの場面で分ける。この5つの場面ごとに構造を明らかにし、作品への工夫を分析していく。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「中学1年生の3学期に学習されている文学教材「トロッコ」(芥川龍之介)を、詳細に教材分析し、その構造や工夫を明らかにしなさい。」
    この作品は時間軸によって大きく3つに分けられる。まず1つ目は形式段落3の「ある夕方、――…」、2つ目は形式段落9の「そののち十日あまりたってから、――…」、最期の3つ目は形式段落31の「良平は二十六の年、――…」である。そこからさらに全体の構造をより明確にするため、分析しやすいよう1つ目の場面と2つ目の場面を分けていく。まず1つ目の場面は、良平のトロッコに対する憧れから1度目のトロッコ体験をするところまでと、大人になった良平が顔を出すシーンである。そして2つ目の場面は、2度目のトロッコ体験が始まった行きの場面と一人で帰らなければならなくなった箇所からすすりあげ泣くまでの場面で分ける。この5つの場面ごとに構造を明らかにし、作品への工夫を分析していく。
    まずは良平のトロッコに対する憧れが記述されている場面である。「ただトロッコで土を運搬する――それが面白さに見にいったのである。」「一度でも土工と一緒に、トロッコへ乗りたいと思うこともある。」「乗れないまでも、押す..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。