教科教育法国語2 第2設題

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数599
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    「テキストの第四章第三節の二の『演習課題』オに記されているように、『人虎伝』と『山月記』の比べ読みを通して、『山月記』の虚構性の特質を明らかにした上で、小説教材『山月記』と漢文教材『人虎伝』を組み合わせた読解単元を構想しなさい。」

    「人虎伝」と「山月記」の比べ読みから、相違点を挙げていく。
    まずは描かれている事柄、出来事の違いを挙げる。「山月記」は詩人になるために役人を辞めているが、「人虎伝」ではそのような表記はない。これは李徴の詩人としての葛藤を描きたかったと考えられる。「山月記」は妻子の今後より詩の伝録を優先して書かれているが、「人虎伝」では妻子の今後が詩の伝録より先に書かれている。「山月記」は李徴が虎になった理由は自分の意志とかかわりなく与えられた運命を生きるべきということ、臆病な自尊心と尊大な羞恥心と、妻子の今後より詩の伝録を優先するような非人間性の持ち主であるためと書かれているが、「人虎伝」では未亡人との密通と一家の焼き殺しと書かれている。これは「人虎伝」では極悪非道な行いから虎になった因果応報という捉え方であり、「山月記」では人が虎になるという虚構の手法により李徴を極限に追いつめ、その内面の苦悩と矛盾を浮き彫りにしたものと考えられる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「テキストの第四章第三節の二の『演習課題』オに記されているように、『人虎伝』と『山月記』の比べ読みを通して、『山月記』の虚構性の特質を明らかにした上で、小説教材『山月記』と漢文教材『人虎伝』を組み合わせた読解単元を構想しなさい。」
    「人虎伝」と「山月記」の比べ読みから、相違点を挙げていく。
    まずは描かれている事柄、出来事の違いを挙げる。「山月記」は詩人になるために役人を辞めているが、「人虎伝」ではそのような表記はない。これは李徴の詩人としての葛藤を描きたかったと考えられる。「山月記」は妻子の今後より詩の伝録を優先して書かれているが、「人虎伝」では妻子の今後が詩の伝録より先に書かれている。「山月記」は李徴が虎になった理由は自分の意志とかかわりなく与えられた運命を生きるべきということ、臆病な自尊心と尊大な羞恥心と、妻子の今後より詩の伝録を優先するような非人間性の持ち主であるためと書かれているが、「人虎伝」では未亡人との密通と一家の焼き殺しと書かれている。これは「人虎伝」では極悪非道な行いから虎になった因果応報という捉え方であり、「山月記」では人が虎になるという虚構の手法により李徴を極限に追..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。