教科教育法国語1 第2設題

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数211
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「テキストの第六章第二節『平家物語』の『敦盛の最期』について、くわしく教材分析を行い、その教材価値を具体的に述べなさい。」

    「敦盛の最期」の教材価値を述べるにあたり、まずは詳しく教材分析を行う必要がある。それを踏まえた上で、教材価値を述べていく。
    ①場面構成
    「敦盛の最期」はそれ自体、鑑賞しうる完結性があるものの、理解を深めるにあたり、背景となっている一の谷の合戦の場面(概要)を知ることが大切となる。源平の合戦において、一の谷の戦いは、壇ノ浦の戦いと並び両軍の総力戦であった。一の谷の城に構えた平家方は十万にも及び、一方の源氏方は六万余りで、数的には平氏が勝るものの、戦意の面で平氏が劣っており、結果的に源氏の圧勝であった。簡潔に「敦盛の最期」の内容を述べると、「一ノ谷の戦いで平氏が敗走する中、平敦盛が沖へと逃げるところを熊谷直美が引き留め敦盛の首を刎ねようとするが、我が子と同じ年頃であることに動揺し助けようと模索する。しかし後方から自軍が来ていて、迷いつつも敦盛の首を刎ね、そのことを悔いて出家する」というものである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「テキストの第六章第二節『平家物語』の『敦盛の最期』について、くわしく教材分析を行い、その教材価値を具体的に述べなさい。」
    「敦盛の最期」の教材価値を述べるにあたり、まずは詳しく教材分析を行う必要がある。それを踏まえた上で、教材価値を述べていく。
    ①場面構成
    「敦盛の最期」はそれ自体、鑑賞しうる完結性があるものの、理解を深めるにあたり、背景となっている一の谷の合戦の場面(概要)を知ることが大切となる。源平の合戦において、一の谷の戦いは、壇ノ浦の戦いと並び両軍の総力戦であった。一の谷の城に構えた平家方は十万にも及び、一方の源氏方は六万余りで、数的には平氏が勝るものの、戦意の面で平氏が劣っており、結果的に源氏の圧勝であった。簡潔に「敦盛の最期」の内容を述べると、「一ノ谷の戦いで平氏が敗走する中、平敦盛が沖へと逃げるところを熊谷直美が引き留め敦盛の首を刎ねようとするが、我が子と同じ年頃であることに動揺し助けようと模索する。しかし後方から自軍が来ていて、迷いつつも敦盛の首を刎ね、そのことを悔いて出家する」というものである。
    ②人物像(平敦盛と熊谷直美)
    平敦盛は、熊谷直美の息子直家と同世代の十..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。