お菓子業界の現状と展望に関する調査

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数11
閲覧数5,670
ダウンロード数36
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    菓子製造・販売業の動向
     製菓業界には逆風が強まってきています。
     少子化によるヘビーユーザー(子供)の減少、デザート類の多様化、消費者の甘味離れ、ダイエット志向や健康志向の高まり、夏の猛暑、秋の台風、長雨など、厳しい環境からの影響まで受けてしまうのが現状です。
     さらに小売り側が消費者の目を引き付けるために、新商品やリニューアルを常に求めており、商品のライフサイクルは短くなり、長期育成型の商品が育ちにくい環境にあります。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    菓子製造・販売業の動向
     製菓業界には逆風が強まってきています。
     少子化によるヘビーユーザー(子供)の減少、デザート類の多様化、消費者の甘味離れ、ダイエット志向や健康志向の高まり、
    夏の猛暑、秋の台風、長雨など、厳しい環境からの影響まで受けてしまうのが現状です。
     さらに小売り側が消費者の目を引き付けるために、新商品やリニューアルを常に求めており、商品のライフサイクルは短くなり、
    長期育成型の商品が育ちにくい環境にあります。
     これらの理由がメーカーの開発費や販売費を増加させ、生産効率化の妨げともなり、コスト増加の一つの要因となっています。
    逆に海外から輸入されて国内で消費されているお菓子は増加している傾向にあり、平成14年から急激に増加しています。
     メーカー各社は、大人向け商品の強化や海外の販路拡大、健康食品事業などの新市場の開拓に取り組んでいます。
    菓子の生産数量・金額の推移
    生産金額 生産数量
    H元年 23,241 2,013
    2年 24,327 2,043
    3年 25,699 2,097
    4年 25,977 2,110
    5年 25,736 2,..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。