販売促進の現状と波及効果

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数502
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

     日本POP広告協会は、POP広告業界の2004年度売上額に関する調査結果を発表しました。
     推移を見ると、2004年度は前年比105.9%の伸び率という結果でした。
     特に目立って伸びた業種は、「量販店・百貨店」「化粧品」「旅行・レジャー」となっており、逆に減少した業種は、「通信・AV器機」「菓子・食品」となりました。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    2004年度のPOP広告売上げ発表
     日本POP広告協会は、POP広告業界の2004年度売上額に関する
    調査結果を発表しました。
     推移を見ると、2004年度は前年比105.9%の伸び率という結果でした。
     特に目立って伸びた業種は、「量販店・百貨店」「化粧品」「旅行・レジャー」
    となっており、逆に減少した業種は、「通信・AV器機」「菓子・食品」となりました。
    0
    0 2000年度
    2001年度
    2002年度
    2003年度
    2004年度
    2200
    2238
    2305
    2366
    2507
    0
    0
    0
    0
    0
    0
    0
    0
    0 化粧品
    トイレタリー
    家電・家庭用品
    自動車
    量販店・百貨店
    通信・AV器機
    菓子・食品・ノンアルコール飲料
    その他
    213
    204
    188
    173
    435
    261
    244
    788
    2507億円
    その他の業種としては、
    繊維衣料・靴・スポーツ用品・娯楽・玩具 104億円
    薬品・医療雑貨 84億円
    アルコール飲料 77億円
    出版・文具用品・オフィス事務機 65億円
    タバコ・タバコ関連品 6..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。