損害保険会社の再編と業界動向

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数2,725
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    損害保険を定義する
    損害保険(以下、損保)とは、同種のリスクを負担している加入者が統計学的な基礎によって算出された一定の拠出(保険料)を行うことによって、偶然な事故による損失に対し、その程度に応じてお金(保険金)を受取ることができる経済制度のこと。
    保険契約者は、小額の保険料で高額の補償を得ることが出来る。これは、保険制度が大数の法則により成立しているからである。個々人がこれから起きる交通事故その他のリスクを予見することができない。しかし、極めて大きな集団でデータを集めると、一定期間中に事故が発生する確率が判明する。集団全体の損失額を予測して、その額を集団各人が公平に負担すれば、集団の構成員全員が万一の事故の損害に対して、小額の負担で対処できる。
    リスクとは
    個人のリスク
    ・病気や怪我により死亡する、働けなくなる、治療費がかかるリスク
    ・自動車事故により、他人を死傷させたり、他人の財物を損害、損害賠償を負うリスク
    ・火災、地震、洪水等で住宅や家財が損壊、焼失、流失して無くなるリスク
    ・高齢になり、寝たきり、介護費用がかかるリスク
    企業のリスク
    ・工場や営業設備が火災、地震、洪水、風災で減失し、再建築費や修繕費がかかるリスク

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    損害保険を定義する
      損害保険(以下、損保)とは、同種のリスクを負担している加入者が統計学的な基礎によって
     算出された一定の拠出(保険料)を行うことによって、偶然な事故による損失に対し、その程度に
     応じてお金(保険金)を受取ることができる経済制度のこと。
      保険契約者は、小額の保険料で高額の補償を得ることが出来る。これは、保険制度が大数の
     法則により成立しているからである。個々人がこれから起きる交通事故その他のリスクを予見する
     ことができない。しかし、極めて大きな集団でデータを集めると、一定期間中に事故が発生する確率が
     判明する。集団全体の損失額を予測して、その額を集団各人が公平に負担すれば、集団の構成員
     全員が万一の事故の損害に対して、小額の負担で対処できる。
    リスクとは
     個人のリスク
     ・病気や怪我により死亡する、働けなくなる、治療費がかかるリスク
     ・自動車事故により、他人を死傷させたり、他人の財物を損害、損害賠償を負うリスク
     ・火災、地震、洪水等で住宅や家財が損壊、焼失、流失して無くなるリスク
     ・高齢になり、寝たきり、介護費用がかかるリスク
     企業のリスク..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。