『図書館の興亡』を読んで

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数310
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    "The English Common Reader" の第四章The Social Background(社会的背景)の冒頭部には次のように書かれている。(19世紀イギリスでは、大きな社会変化を背景に、大衆の人々の読書が広まっていった。)"The mass reading publiic developed in nineteenth-century England against a background of profound social change." 19世紀以前のイギリスの歴史において、本を読むという行為は貴族だけに限られたものであり、一般大衆のすることとは見做されていなかった。しかし19世紀になり、本を読むという行為が一般的なものとして広まったのは、知識の普及だけではなく、さまざまな社会的意味をもっていることに違いないであろう。本講義の中で、どういう過程で本を読む行為が広まっていったか、また読書がどのように社会に影響を与えたのかを"The English Common Reader"を通し知る事ができた。また本書では、当時の大衆の読書に対するさまざまな興味深い事実が多様に書かれており、そのことについても多くの知識を得た。そして、今回の指定図書である『図書館の興亡』は図書館の存在の変化(特にイギリス)について教えてくれた。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

      『図書館の興亡』を読んで
                       
    "The English Common Reader" の第四章The Social Background(社会的背景)の冒頭部には次のように書かれている。(19世紀イギリスでは、大きな社会変化を背景に、大衆の人々の読書が広まっていった。)"The mass reading publiic developed in nineteenth-century England against a background of profound social change." 19世紀以前のイギリスの歴史において、本を読むという行為は貴族だけに限られたものであり、一般大衆のすることとは見做されていなかった。しかし19世紀になり、本を読むという行為が一般的なものとして広まったのは、知識の普及だけではなく、さまざまな社会的意味をもっていることに違いないであろう。本講義の中で、どういう過程で本を読む行為が広まっていったか、また読書がどのように社会に影響を与えたのかを"The English Common Reader"を通し知る事がで..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。