国際比較から見た「日本的労使関係」の特徴について述べ、その将来について展望する

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数2,140
ダウンロード数21
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    労使関係とは、雇用者と使用者との関係である。
    従業員と使用者との人間関係が、企業に影響及ぼすといっても過言ではない。従業員との信頼関係を築き上げていくことが、労使関係をよくするために必要であるといえる。
    以下現代の日本的労使関係の特徴について問題を提起しながら論じていく。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    労使関係とは、雇用者と使用者との関係である。
    従業員と使用者との人間関係が、企業に影響及ぼすといっても過言ではない。従業員との信頼関係を築き上げていくことが、労使関係をよくするために必要であるといえる。
    以下現代の日本的労使関係の特徴について問題を提起しながら論じていく。
    労使関係という用語が普及するようになったのはわが国では第二次大戦後のことである。第二次大戦における敗戦とアメリカ軍の占領下における民主主義的諸改革は、わが国のとりまく環境的諸条件を一変させた。中でも労使関係に画期的変化をもたらしたのは労使関係諸立法の成立であり、これによりわが国の産業社会においても産業民主主義の理念と慣行が急速に根を下ろした。新憲法28条により労働者の団結する権利(団結権)および団体交渉その他の団体行動をする権利(団体交渉権)、争議権が確立されて合法的なものとして保障されるようになり、労働組合が法的に承認された。
    日本的労使関係の特質のうち、特徴として,終身雇用制度,年功制度,企業別組合の3つがあげられる。(三種の神器といわれる)そのメリットは,雇用が安定し,社員の志気の高揚が期待できる。労使関係が安..

    コメント1件

    remix3752 購入
    助かりました。
    2006/05/29 0:12 (10年6ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。