教師が関係する日本の社会問題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数358
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     これから日本が解決していかなければならない問題の中で教師が積極的に関わりうるものは少年犯罪問題である。少年犯罪はいつの時代にもあり、いま増加し凶悪化したわけではない。少年犯罪は社会の鏡といわれるように、社会を映すものであるから表面的な形態は違っても子供たちから社会への信号・警告であることは変わらない。
     もちろん、教師は生徒を犯罪に走らせないように努力すべきである。そしてそのためには彼らの「信号」に向き合わなければならない。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     これから日本が解決していかなければならない問題の中で教師が積極的に関わりうるものは少年犯罪問題である。少年犯罪はいつの時代にもあり、いま増加し凶悪化したわけではない。少年犯罪は社会の鏡といわれるように、社会を映すものであるから表面的な形態は違っても子供たちから社会への信号・警告であることは変わらない。
     もちろん、教師は生徒を犯罪に走らせないように努力すべきである。そしてそのためには彼らの「信号」に向き合わなければならない。従来行われたように「問題児」と称されるような生徒の様々な行動を犯罪の「前兆行動」とみなし管理的になるというような不適切な対応をすると問題を深くしてしまう。しかし、「問題行..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。