good enough teacherの講義

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数258
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    そのグループがどのようにして構成されるかというと、その講義担当の先生が、講義第一回目にとった個人情報に関するアンケートで男女、学年、学部などができるだけ重複しないようにわけていく。たとえば、私のグループを以下に示す。[薬学部1年女性・経済学部1年男性・文学部1年女性・文学部2年男性・教育学部2年女性・理学部2年男性]グループができると次回からはさまざまな教室に分かれてそのグループで活動を行っていくが、最初は自己紹介をする。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    good enough teacher〈ほどよい教師〉の講義
     ここの小論文では「人間関係の科学」という講義の概要説明と分析を行う。その講義には教室に入りきれないくらい多くの学生が参加しており、5~6人ほどのグループを数十グループ作る。そのグループがどのようにして構成されるかというと、その講義担当の先生が、講義第一回目にとった個人情報に関するアンケートで男女、学年、学部などができるだけ重複しないようにわけていく。たとえば、私のグループを以下に示す。[薬学部1年女性・経済学部1年男性・文学部1年女性・文学部2年男性・教育学部2年女性・理学部2年男性]グループができると次回からはさまざまな教室に分かれてそのグループで活動を行っていくが、最初は自己紹介をする。それから話題提供者を毎回ひとりずつ出してそれについて話をするのだが、それは世間話からディスカッションまで幅広い。つまり、何を話してもよい。話題提供者としての立場をみなが経験すると、グループのメンバー宛にコメントを書き、一応は匿名で本人に渡すことになる。その後再び全体でグループが編成されるのだが、あとは上記と同じ流れになる。
     では、まず..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。