ヴィクトリア時代の小説について、当時の社会背景なども考慮しながら述べよ。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数3,043
ダウンロード数18
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    第2設題 
    ヴィクトリア時代の小説について、当時の社会背景なども考慮しながら述べよ。
     →
    ヴィクトリア朝は ヴィクトリア女王 が イギリス を統治していた1837年から1901年の期間を指す。この時代は イギリス史 において 産業革命 による経済の発展が成熟に達した イギリス帝国 の絶頂期であるとみなされている。ヴィクトリア朝は社会の変化の観点から、初期(1837-1850)、中期(1850-1870年代)、後期(1870年代-1901)の3期に分類されることが多い。ヴィクトリア朝の時代の特色である中流階級の支配は、1832年に行われた 第一次選挙法改正 にあるため、これ以降の約70年間をヴィクトリア朝時代と言われることもある。この選挙法の改正によって下流階級の人々にも参政権が与えられ、社会的には産業の発達と物の発達にも大きな変化があった時代であった。
    初期、1830年には、マンチェスターとリバプールが鉄道によって結ばれ、1837年には電信機も出てきた。石炭が発掘され、蒸気機関が発明され、紡績業と製鉄業が盛んになる。いわゆる産業革命である。中期には、1860年の 英仏通商条約 、自由貿易体制も整えられ、イギリス帝国は絶頂期を迎えた。またさまざまな波紋を呼んだチャールズ・ダーウィンの『種の起源』が脱稿、公刊されたのもこの頃である。 1863年 には、ロンドン 地下鉄 を開通した。産業革命の成功により「世界の工場」と言われたイギリスも、後期には アメリカ合衆国 や ドイツ などの資本主義が発展し工業力も向上し、ヨーロッパの意思決定の中心的存在であったイギリスの地位が揺らぎ始める。
    ヴィクトリア朝の古い世代を中心に人々は、科学の発達と物質文明の隆盛を喜び、産業革命による農業国から工業国への転身と文明開化に満足していた。人類の更なる進歩のために機械を崇拝し科学的な発達に希望を持ち、物質文明を謳歌する一方で、宗教団体に属し、労働の神聖を強調するため安息日を忠実に守り、性問題について話すことを忌み嫌う上品ぶった紳士の生き方がこの時代の理想的な生き方であった。
    ヴィクトリア朝時代の小説は、肯定的な世界観を持って描いたその時代の世相や市民の日常生活を如実に描く。
    ヴィクトリア朝時代の小説家を代表するのがディケンズ(1812-1870)である。彼は、父が借金のために投獄されるまでは幸福に過ごしていたが、それからは学校を中退し靴墨工場に働きに出た。このときの印象が彼にはとても深く、作品では子供の苦しみや獄中生活、ひどい労働条件などが繰り返しテーマとなっている。『デイビッド・コパフィールド』(1849-1850)は、自叙伝的な色が強く、苦しい体験はかなりフィクション化されながらも気持ちの上では、子供時代の忠実な記録とした作品となっている。ディケンズの小説には、虐げられた人と虐げる非人間的なものとの争いという基本的なパターンがある。ディケンズは虐げられた人にひどく同情し、人生の暗い一面を知りながらも明るい面も取り混ぜ、ユーモアのあるファンタジーの世界を創り出している。作品を通しての社会改革への積極的な発言も多く、しばしば ヴィクトリア朝 における慈善の精神、「クリスマスの精神」の代弁者とみなされる。貧困対策・債務者監獄の改善などへの影響も大きかった。また、幼少時の貧乏の経験からおのずと労働者階級に同情を寄せ、時に感傷が過度になることもあるが、常に楽天主義と理想主義に支えられ、ことに初期の作品には暖かい洒落と物悲しさが漂っている。
    ディケンズと並ぶ代表的な小説家としてほ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第2設題 
    ヴィクトリア時代の小説について、当時の社会背景なども考慮しながら述べよ。
     →
    ヴィクトリア朝は ヴィクトリア女王 が イギリス を統治していた1837年から1901年の期間を指す。この時代は イギリス史 において 産業革命 による経済の発展が成熟に達した イギリス帝国 の絶頂期であるとみなされている。ヴィクトリア朝は社会の変化の観点から、初期(1837-1850)、中期(1850-1870年代)、後期(1870年代-1901)の3期に分類されることが多い。ヴィクトリア朝の時代の特色である中流階級の支配は、1832年に行われた 第一次選挙法改正 にあるため、これ以降の約70年間をヴィクトリア朝時代と言われることもある。この選挙法の改正によって下流階級の人々にも参政権が与えられ、社会的には産業の発達と物の発達にも大きな変化があった時代であった。
    初期、1830年には、マンチェスターとリバプールが鉄道によって結ばれ、1837年には電信機も出てきた。石炭が発掘され、蒸気機関が発明され、紡績業と製鉄業が盛んになる。いわゆる産業革命である。中期には、1860年の 英仏通商条約 、自由..

    コメント1件

    fjh0005 購入
    参考になりました
    2007/06/18 18:37 (9年6ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。