自然との共生計画について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数312
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    樹木や草などの植物が主体となっている存在している空間は、私たち人間にとって非常に心の休まる空間となりつつあります。そういった空間を増やすために、緑化活動が頻繁に行われるようになってきました。この緑化活動は、一般的には、都市地域の樹林地、草地、水辺地、農地等植物のある空間に対して使われる言葉となっています。また、開放水面やグランドなど全く植物のない空間を含めて、緑化活動として、その意味が使われる場合もあるので、その場面、場面の定義がいかなるものか、慎重に配慮しなくてはいけません。緑化活動というものは、単に自然を植え付ける行為だけとは限らないのです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    自然との共生計画について
    樹木や草などの植物が主体となっている存在している空間は、私たち人間にとって非常に心の休まる空間となりつつあります。そういった空間を増やすために、緑化活動が頻繁に行われるようになってきました。この緑化活動は、一般的には、都市地域の樹林地、草地、水辺地、農地等植物のある空間に対して使われる言葉となっています。また、開放水面やグランドなど全く植物のない空間を含めて、緑化活動として、その意味が使われる場合もあるので、その場面、場面の定義がいかなるものか、慎重に配慮しなくてはいけません。緑化活動というものは、単に自然を植え付ける行為だけとは限らないのです。
    緑化活動を行うにあた..

    コメント1件

    3 購入
    よし。
    2006/06/24 13:51 (10年5ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。