自治体の新しい活用方法について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数233
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    現在のようなインターネットの普及や、高齢化の進展を背景に、障害者や高齢者も含めて、より多くの人が使いやすいホームページの制作が、近年ますます重要になってきています。特に障害者や高齢者によっては、音声読み上げソフトを使用したり、文字の大きさや文字色、また背景色を工夫してホームページを閲覧する事が望ましいとされていますが、こういった配慮を行っているホームページが少ないため、インターネットの機能などが効果を発揮できないことが多々存在しています。


    こういった事態を踏まえて、中央官庁では基盤システムの整備が進み、インターネットなどのネットワーク環境も進展させてきています。利用者は、いつでも、どこでもサービスを受けることが可能となり、時間や場所といった制約が解消されつつあります。特に、外出が難しい障害者にとっては、行政サービスを身近に受けられる、といった支援を得ることに繋がっており、また、自治体の職員にとっては、業務の効率化といった利点がもたらされている、という報告が出ています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    自治体の新しい活用方法について
    現在のようなインターネットの普及や、高齢化の進展を背景に、障害者や高齢者も含めて、より多くの人が使いやすいホームページの制作が、近年ますます重要になってきています。特に障害者や高齢者によっては、音声読み上げソフトを使用したり、文字の大きさや文字色、また背景色を工夫してホームページを閲覧する事が望ましいとされていますが、こういった配慮を行っているホームページが少ないため、インターネットの機能などが効果を発揮できないことが多々存在しています。
    こういった事態を踏まえて、中央官庁では基盤システムの整備が進み、インターネットなどのネットワーク環境も進展させてきています。..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。