鯨に関する保護活動について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数315
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    今日では、海浜で鯨類などが集団において座礁する、という現象が世界各地で報告されています。この現象を専門用語で、ストランディングとも称して、研究者達に知れ渡っています。日本の沿岸などで、この現象が近年頻発しており、2000年には、219個体の鯨やイルカ類の座礁が報告されています。
    この座礁の主な原因はまだ明確にはされておらず、餌の深追いなどによって引き起こされるのか、はたまた、シャチなどの外敵に追われた事によって引き起こされたのか、その実情は把握されていません。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    鯨に関する保護活動について
    今日では、海浜で鯨類などが集団において座礁する、という現象が世界各地で報告されています。この現象を専門用語で、ストランディングとも称して、研究者達に知れ渡っています。日本の沿岸などで、この現象が近年頻発しており、2000年には、219個体の鯨やイルカ類の座礁が報告されています。  
    この座礁の主な原因はまだ明確にはされておらず、餌の深追いなどによって引き起こされるのか、はたまた、シャチなどの外敵に追われた事によって引き起こされたのか、その実情は把握されていません。また、船舶等の騒音や撹乱によって、鯨などに悪影響を与えているのではないか、という研究報告もされています。..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。