企業活動を行う者の責任について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数439
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    企業というものは、本質的に、経営者が株主のために企業経営を行っているかどうか、ということが非常に重要な要素を占めています。その事は、すなわち、株主価値の最大化、そして、企業利益の最大化を目指す事へと繋がり、雇用の確保、従業員や取引先への適正な対価の支払いなどを行うことが、企業の持つ大きな役割として備わっています。
    ただし、企業の社会的な責任論の高まりによって、経営者が社会や株主を含むステークホルダーに十分に配慮した企業経営を行っているかどうか、ということも重要視されてきています。

    このステークホルダーといものは、株主であるストックホルダー、と区別して使われる言葉で、利害関係者を意味しています。具体的には、株主のみならず、地域住民など、企業が存続するために支持を得ることが必要となってくる人々のことを指しています。商品やサービス、事業活動などが、雇用の安定、倫理等に与える影響に繋がることを軽視すべきではないという意識がステークホルダーには含まれているのです。また、ステークホルダーには、地方自治体・関連省庁なども含まれ、生活環境、自然環境に与えるリスクを考慮するとなると、製造や流通、販売などを行う全ての地域に関わる人々なども含まれることになります。特に、今後とも共有する地球環境に対して事業活動が与えている影響も踏まえる、という視点に立てば、影響を受ける範囲は次世代などにまで及ぶことになるのではないか、と考えられています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    企業活動を行う者の責任について
    企業というものは、本質的に、経営者が株主のために企業経営を行っているかどうか、ということが非常に重要な要素を占めています。その事は、すなわち、株主価値の最大化、そして、企業利益の最大化を目指す事へと繋がり、雇用の確保、従業員や取引先への適正な対価の支払いなどを行うことが、企業の持つ大きな役割として備わっています。
    ただし、企業の社会的な責任論の高まりによって、経営者が社会や株主を含むステークホルダーに十分に配慮した企業経営を行っているかどうか、ということも重要視されてきています。
    このステークホルダーといものは、株主であるストックホルダー、と区別して使われる言葉..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。